鯉釣り

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
人気検索ワード
SARG009 SEIKO セイコー 腕時計 F-201WA-9AJF チープカシオ CASIO 日差 シチズン citizen プロマスター PMD56-2951 PMD56-2952 評価 レビュー ブショーデュエル 無課金 ルミブライト 持続時間 宝塚歌劇 東京オリンピック 開会式
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝の2時間の釣果に味を占めて、夕方も同じポイントに行ってきました。

6時でしたがまだまだ明るい。

濁りと水位がやや治まっているような感じで、鯉の姿も見えるので、

パンを流してみると食いついてくる鯉多数。

勢いが良すぎるのか確かに食ったはずなのに針がかからないこと3回。

なんでや。。

そして4回目。やっと針がかかった!と思ったらやたら重い。

木が釣れました。。食ったの確かにみたのになぁ。変わり身の術か?

そして5回目!強い引き。朝の80cm級せまる大きさだ!

と思ったら、えら付近に見覚えのある傷。。朝と同じ鯉やん。。

でかい鯉は賢いと思っていたけど、日に2度も釣られるような奴だったとは。

例外もあるということね。

その後、50cmの鯉が釣れました。

鯉とは思えないほど動きが早く多彩。最初ブラックバスかなんかかと思いました。

小さい鯉もこれだけ動けるなら面白いかも。

なんとかなりそうだったので抜き上げ。丘でもビチビチ跳ねて困りました。

以後は警戒されたのか、反応がなくなったので、まだ明るかったですが終了。

密かにナマズを期待していたんですが、濁りが薄くなると出てこないぽいですね。


タグ : 鯉釣り ナマズ 濁り

昨夜の豪雨で増水した川へ。

濁って見えないですが、魚の活性は高いはず。

流れが速いので、パンを流れに乗せてしまうとすぐ彼方へ流れてしまう。

魚も品定めができないのか食ってくれないので、岸の流れがゆるやかな場所の

草にひっかけるような形で固定して放置することに。

すると、、即かかった!結構でかい鯉かも!

と思ったら障害物に巻かれてしまったのか、糸を切るしかない状態に。

濁流で木やゴミも流されてきており、濁りで見えないですが、

流れ込み付近には普段はない障害物が多い様子。

気を取り直して、先ほどと同じ要領で草に固定して放置。

5分ほどでHIT!かなりでかい鯉!

先ほどの教訓を生かし、流れ込みから遠ざける。

しかしでかいだけあってなかなかのパワー。

竿が折れないかと心配しながらドラグを締めてコントロール。

大人しくなるまで10分ほどかかりました。

玉網なしだったので上げることはできませんでしたが、目算で80cmほど。

かなり太くて重そうな鯉でした。

その後、75cmほどの鯉もゲット。

普段75cmを超える鯉は、警戒心が強いのか、食わないことが多いですが、

水が濁っていると警戒心が鈍るのかな?

その後、ナマズ3連荘。パンで釣れるのね。バイトというよりも、ゆっくり吸い込むかんじでした。

60cmのまぁまぁでかいのも。引きはいまいちですが、鯉と違ってバチャバチャ跳ねまくりで新鮮でした。

鯉ほど重くはないので、抜き上げできて玉網いらずなのもいいですね。


普段は1匹釣れると、警戒されて釣れにくくなりますが、今回は関係なく食ってきてました。

濁りだと魚から人間が見えていないようなので、近くで食いつく瞬間もみられるし、

増水している時の釣りはおもしろいですね。



タグ : 鯉釣り ナマズ 増水

自宅近くの二級河川で鯉つりをしています。両岸の土手の上にサイクリングロード。

その向こうは市街地になっています。

つまりどこにでもあるような川なのですが、川を眺めていると意外な自然に出会うことがあります。

まずは鳥。サギや川鵜や鴨は基本として、いろいろな鳥を見かけます。意外なところでキジ。

茂みから突然でてきたのでびっくりしました。あと、トンビ。バーベキューなどしていると、

食べ物を狙って舞い降りてきます。

次にヌートリア。カピバラのようなビーバーのような、大きめの哺乳類です。よくみかけるので、

結構な数が生息していそう。近寄ると流石に逃げますが、結構堂々としていて、

あまり人間を怖がっていないようです。

遠目にはかわいいですが、よく見ると歯がオレンジ色なので気持ち悪いです。

最後に亀。あほみたいに繁殖しています。人間を見ると川に飛び込んで逃げますが、

川の中では自信があるのか、怪しいエサにも積極的に食いついてきます。

こちらは魚を釣りたいのに、亀ばかり釣れるのでとても邪魔です。

ミシシッピアカミミガメがほとんどで、たまにクサガメ。一度スッポンが釣れました。

釣られたアカミミガメは、一丁前に大きく口を開けて、「シャー!」と勝俣のような威嚇音を出します。

そのくせ、針をととってやろうとすると、全力で首を引っ込めて篭城しようとするムカつく奴です。

当然魚についても色々と発見はありますが、今宵はここまでにしとうございます。


タグ : 鯉釣り ヌートリア スッポン

本日は延べ竿とリール竿の2本体制。

雨上がりで魚の活性も良く、鯉やナマズの姿が見えます。

とりあえず延べ竿をたらし、リール竿の準備をしている間に、いきなりHIT!

前回の鯉より大きめの70cm程度。これは緊迫した勝負が期待できそう!

と思ったのに、あっけなく寄ってくる鯉。元気ないなあ。

1分程経ったところで、子供に竿を持たせてみましたが、

竿を立たせてさえいれば、子供の力で充分鯉の動きを制御できている様子。

結局前回と同様に余裕がありすぎて楽しめない結果に。

竿が強すぎるのか、鯉のやる気の問題なのか。

リール竿の方には同程度の緋鯉がかかりましたが、こちらはかなり遠くまで走るわ、

障害物に逃げ込もうとするわで、元気。

最終的には寄せることができましたが、なかなか楽しい勝負ができました。

トータルではやはりリール竿のほうが色々な攻め方ができるし楽しいのかも。

今度は針の返しを無くし、魚のダメージを小さくしつつ、バラシの緊迫感を

味わう方向で縛りプレイをしてみようかと思います。


タグ : 鯉釣り 延べ竿 リール竿

バスロッドで鯉を釣っていますが、リールのドラグ機能(ある程度負荷がかかると逆回転して糸が出ていく)が絶大で、いかに鯉の引きが強くとも、糸が切れてしまうことはまずありません。

それでも、障害物に逃げ込まれてしまうと切れてしまいますし、鯉も必死に逃げますので、それなりに緊張感のあるやり取りを楽しむことはできるのですが、始めた頃の緊張感には程遠い。

ちょっと飽きてきたかな。。

というわけで、難易度を上げて、文明の利器<リール>に頼らずに延べ竿で釣ってみることに。

延べ竿とは、竿の先に直接糸を接続するタイプの釣竿。単純で昔ながらのかたちです。

実は昨年、鯉釣りを始めた頃、最初に使用したのが延べ竿。やりとりを楽しむどころか、かかったと思ったら糸が切られるということを繰り返し、竿と糸だけで鯉のパワーを受け止めることができないと判断。挫折感と共に、リール竿への転向を余儀なくされたという経緯があります。

当時に比べて多少スキルアップ(やりとり・結び方など)している事を差し引いても、道具そのままでは無謀だろうと思い、糸を4号→10号にランクアップ。連結部を減らすために針も直結にして、糸切れ対策。やられるときは竿が折れるでしょうが、それならそれで諦めがつくかなと。

で、実践。

糸が太い為か、なかなか食ってくれない。かかるのはでかい亀ばかり。しかし、さすが10号糸。余裕で上げることができます。

そしてついに鯉が!50cmほどの小ぶりなやつですが、初戦としては良い相手かも!

鯉の最初の走りは無事受け止めることができ、右往左往する鯉と、延べ竿ならではの狭い範囲でやりとり。鯉が走る度に竿がビュンビュンいいながらしなります。

これは楽しい!と思ったのも束の間。鯉が小さいのか、糸や竿が強すぎるのか、結構余裕。

多少鯉が走っても、竿の力でいなすというより、勝手に鯉が反転してしまう状態で、勝負という感じがしない。

鯉が走ると人間も走らなければ竿が折れちゃうようなものを期待していたのに、1歩も動く必要はありませんでした。

まぁ、50cmは小さすぎたかな。この川では65~80cmの鯉が普通なので、次はもっと大きいのとやりとりしてみたいですね。

しかし、糸が太くて食いが悪いのは課題ですね。大きいのは賢いので食わず、経験の浅い小さい鯉しかかからなかったということだと思うので、大きいのに食わせるためには、もう少し細いハリスをかませたほうがいいのかなー。

タグ : 鯉釣り 延べ竿 道糸 ハリス 10号

Before  | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。