妖獣都市

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖獣都市

たまには映画の話を。
といってもアニメ映画です。実は、中学生の頃、深夜にテレビでやっていたものを見たのが最初で最後(強烈な印象を自分の中で保っていたいので見直していません。)なので、当時の自分が感じた感想というか印象になります。

まず、エロいです。女の化け物の体が真ん中から裂けて巨大な女性器になったり(その前から普通に裸になってた気がする。)、ヒロインが化け物に襲われて性的暴行を受けたりと、中学生にとっては嬉しいエッセンスがふんだんに盛り込まれているため、その印象が一番にあります。
しかし、この映画のすごいところは、それだけの目くらましがありながら、エロの事ばかり考えている中学生をしっかりストーリーや世界観に引き込んでいくところ。

設定を簡単に説明すると、人間界と魔界の休戦条約を結ぶため、人間界の代表として調印する大物魔道士(ジュゼッペ・マイヤート)を、調印の妨害する魔界の過激派から、人間界の「闇ガード」滝蓮三郎(主人公)と、魔界の「闇ガード」麻紀絵(ヒロイン)が協力して守るというもの。

原作の小説家:菊池秀幸お得意のバイオレンスホラー(+エロ)です。
この映画を見て、菊池秀幸ワールドにしばらくはまり、妖獣都市系・バンパイアハンターD系を読んでいる時期がありました。

小説を読んでみてつくづく感じたのは、アニメ映画の妖獣都市は本当によく菊池ワールドを再現することができているということ。バンパイヤハンターDと、吸血鬼ハンターDもよくできていると思いましたが、やはり妖獣都市が傑作というにふさわしいと思います。エロも一番ですがw

菊池秀幸氏原作のアニメ映画はハズレなしとおすすめできますが、チャンピオン系で連載されていた魔界都市系統の漫画は個人的にうんこだと思うので、読まないほうがいいですよ。

もしも漫画のほうで絶望した人がいるならば、是非アニメ系をみてほしい。漫画とのギャップがすごいですから。ちなみに、実写版が香港のほうで作られていたらしいですが、こちらは未見。
スポンサーサイト

タグ : 菊池秀幸

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://goldtama.blog107.fc2.com/tb.php/45-cfceea22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。