映画を楽しむためのコンディション作り

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じ映画やドラマを見るにしても、その時の体調・心情などのコンディションによって、受け取り方がかなり違ってきます。

失恋した際に悲しい恋を描いた映画などを見れば、ボロボロ泣けてしまうでしょうし、深夜に独りで見るホラー映画は、背後に何かいるのではないかと振り返ってしまうほどに怖かったりしますよね。

当たり前だろ!って話で、その日の自分の心情にあわせた映画を選ぶことは誰でもしていることだと思います。

しかし、映画を見るには最低2時間が必要であり、これはいつでも作れるような時間ではありません。つまり、先に見たい映画がある時、自分がそのような心情になるのを待ち、たまたまその時に映画を見る時間があるなんていうことは稀なのです。

まぁ、悲恋映画で感動したいがためにわざわざ失恋しようとする人もいないでしょうがw

そこで、考えたいのが、簡単にできる感動しやすいコンディションの作り方です。ご飯をおいしく頂きたければ運動してお腹を減らせばいい話なのですが、映画の場合はどうすればよいかパッはひらめかないと思います。ホラーは前述の通り、簡単ですけどねw

映画には、様々なジャンルがあるので、その一部にしか適応しないものではありますが、私は1つその方法も体得していますので、お教えしましょう。

感動ヒューマン・青春ドラマ系の映画を見るときは、徹夜(多少寝てもOK)明けの判断力が少し鈍った頭で見ると最高に泣けます。理由は憶測でしかないですが、判断力が鈍る事によって、小さなつっこみどころを見逃すことができ、作成者の思う壺に物語を捉えることができるのだと思います。

有名どころだと、「ショーシャンクの空に」「遠い空の向こうに」「旅立ちの時」「スタンド・バイ・ミー」などでボロボロ泣くことが出来ました。TVドラマの「ROOKIES」のわざとらしい話ですらウルウル涙目になることができた程です。

私は夜勤のある仕事をしているので、夜勤明けに映画をみる時間が持ちやすく、たまたまこの方法を見つけることが出来ました。

ジャンルによってベストコンディションは違うでしょうが、他にも比較的作りやすいものがあると思うので、探してみたいです。

同じ2時間。より有意義なものにしたいもの。たとえそれが錯覚であったとしても。。でも映画館にはいけずにもっぱらDVD。。何にでも兼ね合いというものがあってね。。

ちなみに、ブログを書くときも眠たい頭の時が多いです。ひとりよがりな暴走をしがちですが、しらふじゃなんにも書けないんですよね。恥ずかしくて。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://goldtama.blog107.fc2.com/tb.php/41-fd3c892a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。