延べ竿で鯉釣り

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスロッドで鯉を釣っていますが、リールのドラグ機能(ある程度負荷がかかると逆回転して糸が出ていく)が絶大で、いかに鯉の引きが強くとも、糸が切れてしまうことはまずありません。

それでも、障害物に逃げ込まれてしまうと切れてしまいますし、鯉も必死に逃げますので、それなりに緊張感のあるやり取りを楽しむことはできるのですが、始めた頃の緊張感には程遠い。

ちょっと飽きてきたかな。。

というわけで、難易度を上げて、文明の利器<リール>に頼らずに延べ竿で釣ってみることに。

延べ竿とは、竿の先に直接糸を接続するタイプの釣竿。単純で昔ながらのかたちです。

実は昨年、鯉釣りを始めた頃、最初に使用したのが延べ竿。やりとりを楽しむどころか、かかったと思ったら糸が切られるということを繰り返し、竿と糸だけで鯉のパワーを受け止めることができないと判断。挫折感と共に、リール竿への転向を余儀なくされたという経緯があります。

当時に比べて多少スキルアップ(やりとり・結び方など)している事を差し引いても、道具そのままでは無謀だろうと思い、糸を4号→10号にランクアップ。連結部を減らすために針も直結にして、糸切れ対策。やられるときは竿が折れるでしょうが、それならそれで諦めがつくかなと。

で、実践。

糸が太い為か、なかなか食ってくれない。かかるのはでかい亀ばかり。しかし、さすが10号糸。余裕で上げることができます。

そしてついに鯉が!50cmほどの小ぶりなやつですが、初戦としては良い相手かも!

鯉の最初の走りは無事受け止めることができ、右往左往する鯉と、延べ竿ならではの狭い範囲でやりとり。鯉が走る度に竿がビュンビュンいいながらしなります。

これは楽しい!と思ったのも束の間。鯉が小さいのか、糸や竿が強すぎるのか、結構余裕。

多少鯉が走っても、竿の力でいなすというより、勝手に鯉が反転してしまう状態で、勝負という感じがしない。

鯉が走ると人間も走らなければ竿が折れちゃうようなものを期待していたのに、1歩も動く必要はありませんでした。

まぁ、50cmは小さすぎたかな。この川では65~80cmの鯉が普通なので、次はもっと大きいのとやりとりしてみたいですね。

しかし、糸が太くて食いが悪いのは課題ですね。大きいのは賢いので食わず、経験の浅い小さい鯉しかかからなかったということだと思うので、大きいのに食わせるためには、もう少し細いハリスをかませたほうがいいのかなー。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://goldtama.blog107.fc2.com/tb.php/239-3bb5a873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。