姫路バンブー植物園

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姫路バンブー植物園

take


通勤途中の話です。普段は遅刻寸前の滑り込み出社なので、時間との戦いで景色など気に留める余裕が無いのですが、その日はたまたま早く家を出ていたので、赤信号につかまっても窓の外など眺めて余裕を満喫していたところ、道路沿いの廃屋に貼り付けてある小さな札というか看板が目に入りました。「昭和65年4月オープン 姫路バンブー植物園」この道を通って5年近くになりますが、初めて気がつきました。幻の昭和65年という響きと、メインがバンブー(竹)と思われる魅力あるコンセプトを持った植物園。どんな不思議スポットなんだろうかと職場に着くまで看板が頭から離れませんでした。

数日たっても頭の片隅から姫路バンブー植物園が離れず、検索してみたところ、いくつかの情報を得ることが出来ました。

・この植物園は、姫路学院女子短期大学のキャンパス内にあった。
・姫路学院女子短期大学はバブル期に経営者が変わり、大学のレジャーランド化という迷走を始めた。姫路バンブー植物園はそのレジャー事業の一つで、他には自動車教習所、ゴルフ練習場、会員制スポーツクラブ、温水プール、エアロビクス・スタジオ、一戸建学生寮、80匹の犬を擁した「ワンワンカレッジ」、子馬10頭を擁した「ポニー牧場」、高級イタリアンレストラン、ショッピングセンターなどが学内に創設されていた。総じて「ひめがくキャンパスランド」と言ったらしい。
・姫路学院女子短期大学には竹博士と異名を持つ教授がいたらしい。
・姫路学院女子短期大学ならびにひめがくキャンパスランドは無理な経営拡張のため、1999年に廃校となり、現在は近畿福祉大学となっている。
姫路バンブー植物園の看板は、兵庫県内だけではなく、全国に点在しており、私がみかけたものと同様に、廃屋などに残っているものが多いらしい。

なんというか・・・期待以上に謎な施設のようです。しかし残念ながら、現在経営はされていないようで、過去のものして扱われていました。残念><

そこで、都合よく職場に近畿福祉大学出の後輩がいたことを思い出したので、ダメもとで彼に聞いてみたところ、「今もバンブー植物園はキャンパスに残されている」そうです@@!!!しかし、閉校跡に作られた大学であるからか、大学には多くの怪談などが残されており、バンブー植物園は特に学生に恐れられているスポットであるそうで、かなり廃れている様子。怪談はともかくとして、どのような場所なのか説明をお願いしたのですが、普通とは違う竹やぶと、なにやら展示しているらしい建物が一つあるとしか説明できず、形容しにくい場所とのことで、結局謎は謎のまま・・・

近畿福祉大学の学園祭の日にはその建物内も公開されていたような気がするそうなので、いつか行って確認してみたいものです。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://goldtama.blog107.fc2.com/tb.php/22-e8d7030b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。