下妻物語

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひっさびさの更新ですー。

20070630142325.jpg



洋画ばかりでなく、邦画みるんですよ。とはいえ、邦画って暗い雰囲気で妙にメッセージ性があって、視聴者に察してと言わんばかりの監督の自己満足の極地みたいなものか、変に高いテンションでなんでもアリだろ。楽しく撮ろうぜ!的なこれまた監督の自己満足・・・というようなイメージが強くて、あまり見る気がしないんですが。

しかし、良いものもあるわけで。ホラー・サスペンスあたりはかなり洗練されたものが多く、安心して観る事ができます。(私が日本人だからわかる部分が多いのかもしれないけれど)
それ以外のジャンルでいくと、上記でけなした2つの分野で、奇跡的に?成功した映画かもしれません。

今回紹介する映画「下妻物語」は変に高いテンションと何でもアリな雰囲気で、監督の自己満足・・と言いたい所なのですが、センスの問題なのか私のフィーリングがたまたま合ったのか、監督の自己満足とは感じず、斬新な手法として受け取ることができました。
また、主役の二人「深田恭子」と「土屋アンナ」をはじめ、枠を固める俳優陣も「篠原涼子」「阿倍サダヲ」「雨上がりの宮迫」「キキキリン(ダル」等々の個性的で魅力ある面子であり、それぞれがノリノリで演じている事と、ストーリーが意外としっかりしており、多少の脱線もありながら、それがそのまま世界観を濃くしていくという・・・

書いてて思ったのですが、いいと一旦思ってしまうと、その映画の全てを好意的に捉えてしまうところが自分にはあるのかも^^;(アニメシーンはさすがにどうかとも思いましたが。)
しかし、これで映画がより楽しめるのなら、OKOK。
と、いうわけで、私のおすすめ作品は世間一般に良いとされるものでは無いのかもしれません。しかし、もしも私に近いフィーリングをお持ちの方がいるなら絶対ハマりますよ。この映画!

関係ないですが、この映画を観てから深田恭子と土屋アンナが好きになりました。

これまた久々のダイエット報告。
本日の体重71.8kg
一応継続して行っているのですが、思うように減らないねー。まぁ気長にやりますよ。


スポンサーサイト

タグ : 下妻物語

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://goldtama.blog107.fc2.com/tb.php/15-92cf7ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。