2008年06月

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何年か前に、FLASHを漁りまくった時期がありました。

その中で、印象に残っている作品をいくつか紹介してみようかと思います。

リネージュ2より Playmates of the year


グラフィクパッチ満載。パンツがやたらとでてきます。楽しんで作っている感じが好き。



リネージュより ありがとうFLASH

リネージュありがとうFLASH
初めてオンラインゲームをした頃の感動や、仲間たちを思い出させてくれます。
※リンクからだと何故がつながりにくいようなので、その場合は
 http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/1423/lineage.swf
 を新しい窓に貼り付けて移動してみてください。



感動系 母さんが死んだ

かあさんが死んだ
うちの母親は元気ですが、親孝行をしておこうという気持ちになりますよね。



現存しているものが少なくて、有名どころしか探せませんでしたが、今見直しても3本とも

いい作品ですね。

また、画像もさることながら、選曲の影響も大きいですよね。

と、いうわけで、使われている曲のアーチストバージョンも貼っておきます。

ゼブラヘッド Playmate of the year


日本で言うプレイボーイみたいなエロ雑誌の宣伝に使われていたようです。それも込みでいいですね。


KOKIA ありがとう


FLASHではよく使われていた曲ですが、あまりメジャーではない?


どちらもいい曲ですね。


リネージュ・ブログ

↑よければクリックしてちょ


スポンサーサイト

タグ : リネージュFLASH

今日久しぶりに電車に乗りました。

しかも、片道3時間でガッツリ。
運良く座席を得る事ができたのと、乗り換えが不要だったので、寝てすごそうと思っていたのですが、慣れない私にとっては刺激的なことがたくさんあって、結局一睡もできませんでした。


刺激1
アナウンスが女性の声で、録音かなーっと思って聞いていたら、どうやら生。
最近は女性の車掌さんがおられるんですねー。
男女雇用均等法?女性の社会進出?自立した女性?とにかく時代も進んだものです。
とはいえ、始めは奇異な目でみられがちなもの。
どうしてその女性がそんな思いをしてまで車掌になろうと思ったのかは知りませんが、後続のためにもがんばって。
ちなみに、途中の駅で車両の切り離しがあり、そこで女性車掌さんとはお別れ。
以降は男性の車掌さんに代わっていました。
男性のアナウンスが聞き取りにくくて、女性の車掌さんの存在意義をとりあえず体感しました。

刺激2
乗りなれている人は気にならないのでしょうが、他人の行動などが気になって仕方ありませんでした。
大声でしゃべる女子中学生。
ゴスロリの格好した女性。
座った瞬間にビールの飲み始める汚いおっさん。
中でも最悪だったのが、私の正面(4人のBOX席だったので、まさに膝を付き合わせる)に2時間くらい座っていた若い男。
濃い腕毛と髭を蓄えた奴は、2時間ずーーーーっと指の爪を噛んだり、逆剥けをこれまた噛んだりし続けていました。
あー思い出すだけでも気持ちが悪い。

刺激3
大都市部の人たちは、さすが電車に乗りなれておられるようで、電車内での過ごしかたも洗練されているようです。
昔はせいぜい新聞や携帯電話でしたが、いまどきはノートパソコンを使う人までいるんですね。
特にやり手でもないような普通の兄ちゃんとかも使っていました。
PSPとDSの普及率に驚きました。アイポッドも使ってる人多かったですね。
自分も電車通勤とかなら欲しいものばかり。ノートパソコンは抵抗あるけども。
あと、昔から思っているのですが、電車での新聞の読み方も伝授してほしいなぁ。
小さく畳んでいるのに上手にページをめくるサラリーマンを見るとちょっと尊敬してしまう。

刺激4
途中で乗ってきたとても元気そうなおばちゃん(60歳くらい?おばあちゃん?)の集団。
派手な格好をした一人が、「あっちに優先席(シルバーシート)あるから空けてくれるかもしれへんわ。いこいこー」とがなりながら、隣の車両へ移動していきました。
あんな感じで来られたら、譲るほうも気持ちよく譲れないだろうなーと思いながら見ていました。
権利だけ主張するタイプの人って嫌いだ。


慣れると大丈夫なのかもしれないけれど、ストレスが凄かった。
やっぱり移動は車がいいなー。ガソリン高いけどtt

タグ : 電車で発見

鼠先輩

「六本木〜GIROPPON〜」




邦楽の歌詞について書いたことがありましたが、鼠先輩にガツンとやられて

考えが変わりました。歌詞にこだわりすぎてはいけません。歌は心です。


ぽーっぽー

ぽぽぽぽぽぽぽぽっぽっぽー

ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽっぽぽー

ぽっぽ

ぽっぽぽぽぽぽ ぽっぽぽぽぽぽ

ぽーっぽーぽっぽぽぽぽぽぽっ

ぽぽぽぽー 

ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽー

ぽっぽ!


ああ・・恋(いと)しさとせつなさと心強さをびんびん感じます。


ぽおっぽーーーー!!!

wikiより--------------------------------------------------------------

鼠先輩(ねずみせんぱい、1973年4月5日 - )は、岡山県赤磐市出身のムード歌謡歌手。

1986年、13歳の時に歌手になることを決意する。

1990年、高校を中退後にプロの歌手を目指してボーカルスクールに通い始めた一方で、THE BLUE HEARTSのコピーバンドを結成、後にバンド名を「スペルマギャング」とし、このバンドでNHK主催の『BSヤングバトル』全国大会に出場。出場後間も無くしてバンドは解散。その後20歳の時に上京。

2008年にユニバーサルよりメジャーデビュー。デビュー曲「六本木〜GIROPPON〜」がジェロの「海雪」を抜いて着うた演歌チャートで1位となった。

タグ : 鼠先輩

前々回に書いたみちえおねえさんについて、新たな発見。

みちえおねえさんブログのプロフィールをなんとなく見てみると・・・

-------------------------------------

北浦実千枝 (きたうら みちえ)
【生年月日】1985年1月24日生 

【星座】みずがめ座

【血液型】A型

【身長】152cm

【好きな食べ物】
納豆・ラーメン・お好み焼き・玉子

---------------------------------------

生まれ年は違えど誕生日が自分と一緒でした。

いやっほー運命じゃないのこれーーー!!!!

とは流石に思いませんが、1/24生まれの有名人って少なくて、

市原 悦子さんと渡辺正行さんくらいしか知らなかったので、

花が一輪咲いたようで

うれしい気持ちになりました。

でも、誰かに言ってもきっとわかってもらえないので、もっと有名になってもらわないと。

タグ : みちえおねえさん

 | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。