漫画

映画・漫画・無料オンラインゲームを始め、安価で楽しめるものを探し、紹介するブログ。
人気検索ワード
SARG009 SEIKO セイコー 腕時計 F-201WA-9AJF チープカシオ CASIO 日差 シチズン citizen プロマスター PMD56-2951 PMD56-2952 評価 レビュー ブショーデュエル 無課金 ルミブライト 持続時間 宝塚歌劇 東京オリンピック 開会式
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読売新聞の4コマ漫画 コボちゃんをご存知ですか?

恐らく知らない人はいないでしょう。

植田まさし先生の作品で、1982から連載されており、今年で28年目だそうです。すごい。

あっさりとした癖の無い感じが、飽きさせない長寿の秘密でしょうか?

普段は3面記事を読むついでにちらっと見る程度で、不思議なほど何の印象も残らない

事が多いのですが、昨日は驚きで2度見してしまいました。



漫画の内容は

ママのおなかを触らせてもらっているコボ

コボ「赤ちゃんがおなかの中で動くのってどんな感じ?」

爺「こんな感じかな(爺さんの服のおなか部分がもぞもぞ)」

爺の服から猫が出てくる。



ええっ?爺さんと猫のお遊びはともかく、ママのおなか膨らんでいるし、妊娠してる?

読みきりの4コマ漫画とはいえ、妊娠は一話限りのものにするには無理がある題材。

まさか?と思って調べてみたところ、コボちゃんに妹か弟ができるらしい。

しかも自分は気がつくのが相当遅かったようで、昨年の10月の時点で公表されていた

ようだ。

30年近く変わらなかった家族構成が変わるのはちょっとした事件です。アラレちゃんの家に

ターボ君が生まれたり、クレヨンしんちゃんに妹ができたりといった事とは次元が違う。

例えるならサザエさんがもう一人子供を生むようなものです。

恐らく夏前頃に誕生するであろうコボちゃん家の新家族。誕生がどのように描かれるのか

今後のコボちゃん一家にどのような変化をもたらすのか、興味は尽きません。


時は動き出す・・・

スポンサーサイト

タグ : コボちゃんのママが妊娠した

ドンボルカン

よろしくメカドックの次原隆二先生の作品です。

メカドック終了後は、新天地のスポーツものに挑戦しては、打ち切りを連発しておられました。

このドンボルカンも例に漏れず、全2巻という短い連載でした。

内容もおぼろげな記憶しかありませんが、ドンボルカン=火山の名前で、その異名を

持つ、熱いつるっぱげの青年が、その非現実的な実力の片鱗を時々見せつつも、認められる

ことのない状態でくすぶっているが、いずれはその豪腕で球界に大旋風を巻き起こす予感を

漂わせている・・・感じだったと思います。

隼人18番勝負というゴルフ漫画もあったなぁ。内容はドンボルガンのゴルフバージョンtt



自分の中では、輝かしい時代が過ぎてしまった漫画家さんだと認識していたのですが、

実は集英社の週刊少年ジャンプから、新潮社のコミックバンチに移行され、

「レストアガレージ251車屋夢次郎」という車漫画を32巻という長期間連載されているようです。

紆余曲折を経て、自身の代表作を超える(読んでいませんが、少なくとも連載期間で)作品を

生み出した次原隆二先生の休眠期間で力を蓄え、激しく爆発させる姿は、まさにドンボルカン

の異名を持つにふさわしいのではないでしょうか。



タグ : レストアガレージ251車屋夢次郎

アデランスの中野さん:

言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい自信だ!



キン肉マンはギャグ路線のときがおもしろかったですねー。

少年ジャンプの方針なのでしょうが、途中からどんどんシリアスになっていき、王

位争奪戦あたりになるともう読む気にもならず、結末は知らなかったりします。


しかし、超人オリンピック~悪魔超人編までの、路線変更後しばらくは、ギャグ路線との

ギャップが激しく、残虐ファイトなどがより強烈に感じて面白かったなぁ。

ラーメンマンがキャメルクラッチでブロッケンマン(ブロッケンJr.の父)を胴から真っ二つに

引きちぎったり、

ブロッケンマンラーメンマン

ウルフマンがスプリングマンに締め上げられて、バラバラに吹っ飛んだり、

ウルフマンスプリングマン


ロビンマスクVSアトランティス戦で、ロビンマスクが勝利して浮かび上がってきたと

思ったら、アトランティスの指がマスクから出てきてロビンマスクの奥さんが卒倒したり。

ロビンマスクアトランティス


トラウマといっていいレベルの衝撃でした。

お笑いでいう緊張と緩和というか、バランスが大切なんですね。



他にも、超人墓場や、ジェロニモが超人に憧れていた人間だったなどのサイドストーリーも

印象に残ってます。



ここ数年で連載されていたキン肉マンⅡ世も読んではいませんが、好評だった様子で、

キン肉マン終了後の「ゆうれい小僧がやってきた」や、「蹴撃手マモル(チャランボ!)」

の冬の時代を知っているだけに、なんだか安心しました^^

とってつけるようですが、ゆでたまご先生がんばれ!



タグ : ラーメンマンブロッケンマン

汚物は消毒だ


北斗の拳より サウザー部下の名言「汚物は消毒だ~!!」




バスケがしたいです


スラムダンクより 三井の名言「安西先生・・バスケがしたいです」




我がナチスの科学力は世界一


ジョジョの奇妙な冒険より シュトロハイムの名言「我がナチスの科学力は世界一ィィ」



そこにシビれる


JOJOの奇妙な冒険より エキストラの名言「さすがディオ!俺達にできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!」





男とはなんぞや


魁!男塾より 独眼鉄先輩の名言「男とはなんぞや・・・・!?命とはなんぞや・・・・!?返答せい!!」




ハードラックと踊っちまった


特攻の拓より 鰐淵先輩の名言「事故る奴は・・・ハードラックと踊っちまったんだよ・・・」




11.jpg
12.jpg


究極!変態仮面より 変態仮面(色丞狂介)の名言「それは私のおいなりさんだ」

変態仮面



愛すべきキャラクター達による名言。こうやって並べてみると、漫画から得たものは何も無いようなきがしてきた。。

タグ : 漫画の名言

20070615212314.jpg

狂四郎2030

ジャングルの王者ターちゃん」などの徳弘正也氏が近年描いた漫画で、スーパージャンプに連載されていました。

 ストーリーですが、近未来の日本のお話で、第3次世界大戦後の2030年が物語の舞台です。現在から2030までの日本は歴史は、住基ネット施行・DNA解析完了を背景に、国民データの徹底管理・遺伝子優生学思想に流れて行き、M型遺伝子(心の設計図)に異常がある人間は犯罪を起こす可能性が極めて高いとして弾圧する魔女狩りまがいのものまでが流行るように。舞台の2030年には遺伝子優生学よる国民管理を推し進めてきたゲノム党が独裁するコロニー型の施設に国民が隔離管理された社会になっています。
そんな中、元軍人の狂四郎はバーチャルSEXマシンを介して志乃に出会い、次第にゲノム党の嘘に気づき始める。というもの。

ジャングルの王者ターちゃんを読んでいたころは、下ネタメインのギャグ漫画家さんとしか認識していませんでしたが、この漫画で印象が一変しました。非常に練られたストーリーと細かい人物達の心理・そして集団心理の危険性など、丁寧に描かれており、下ネタも健在ですが、人間を描く上で欠かせない部分(愛・欲・手段・行動理由などなど)となっています。やはり過剰ですが持ち味ですねw
考えてみると「新ジャングルの王者 ターちゃん」にも遺伝子関係の話が多くあり、作者が以前から暖めてきた構想なんでしょう。

また、この後に「バンパイア―昭和不老不死伝説」(全5巻)も執筆しており、こちらも新たなステージに踏み出そうとする気持ちが感じられる意欲作でした。

ベテランでありながら、今尚成長が著しい徳弘正也氏。

今後も要注目ですよ!


どうも作品についてというよりも漫画家さんの話になってしまうなー。
てか誰かみてるのかね。コレ(:.;゜;Д;゜;.:)


映画・漫画関係をはじめ、共通したものがありそうな方、

相互リンクしていただけると嬉しいです。


ダイエット報告。
喰っちゃいました。カロリー満点マクドナルド!まぁたまにはOKOK・・・なのか?
本日の体重73.2kg ←2.2kg増加@@;・・・だめじゃん!


 | Copyright © 映画・漫画諜報室-Running on empty- All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。